自分の本を出版しよう!

一般的な自費出版の部数とは?

一般的な自費出版の部数とは? 自費出版については極端に言えば1部からでも作ることができますが、一般的な部数としては100部程度になります。
印刷料金については、1部でも500部でもそれほど変わりません。印刷以前の工程である編集や製版などに関しては、部数に関係なく同じコストを要するため、印刷部数が多くなっても、あまり出版費用が変わらないということになります。
また、文章に自信がないときには、出版社による援助を受けられる場合があります。
本にしたい内容を明確に打ち出し、インタビュー形式の打ち合わせを何度も繰り返すことで、著者自身が追い求めている原稿に近いものとして仕上げることができます。
出版社との打ち合わせを繰り返せば、複数の人の意見を聞くことができるため、よりハイレベルな内容の本を完成させられます。
記念日など、自費出版の本を完成させたい時期として希望がある場合には、この件に関しても出版社によって期日に配慮した制作進行方法の提案を受けられる会社があります。

自費出版の部数を決めるときに大切なこと

自費出版の部数を決めるときに大切なこと 様々な趣味を持ち、小説や詩または絵を描く方にとっては本にして自分の作品を読んで見てもらいたいと思う方も多く居ます。
そうは思っていても作り方や様々な疑問点や不安点があります。
本を作る際には、自費出版という選択をしている方も多く見受けられますが、制作にあたり費用・印刷と製本・デザイン・部数など様々な事を決める必要があります。
費用がある程度決まっているなら、それぞれの目的に合った方法で本を作成します。ある書房による出版には、私家本・書店注文販売・書店委託販売があり、自費出版の部数を決めるときの目安になります。
私家本は、書店での販売を前提にせず完全自費出版となり希望数の印刷ができます。書店注文販売であれば、200~500部で書店の店頭には並びません。
書店委託販売であれば、500~1000部で市販されているほんと同様に森閑として書店へ配布されます。
どの様な目的で自費出版を行うかで部数がきまり、印刷業者や出版社との契約も異なるので複数の業者に相談や見積もりを依頼するのが重要です。