自費出版のための編集作業

自費出版のための編集作業

自費出版のための編集作業 自費出版を行うにおいても編集作業は必要です。これは書店に流通するしないに関わらず行われる工程です。
内容としてはまず、原稿入稿後に内容と形式について刊行できるように仕上げるための作業を行います。本全体の構成、見出しの見直しをし、フォーマット、本の体裁を作成や著作権など法規上問題がないか等々、原稿内容を点検します。問題があれば加筆修正を行い、次に校閲・校正を行います。
校閲・校正では原稿の書き間違いや勘違いによる誤記を正します。これは修正がなくなるまで行い、終了すると本文レイアウト、表紙デザイン(装丁)の制作が始まります。本文の用紙の決定や、表紙や力紙、帯などの紙の選考も同時に行いつつ、必要であるならばイラストレーターの選定を行い、費用と日程と調整を行っていきます。
自費出版の場合、自分で編集やデザインをすることも可能です。その場合は編集データを郵送したり、出版社と相談することでよりよい形に製本していきます。

自費出版の編集にかかる労力とは

自費出版の編集にかかる労力とは 自費出版で本を出版するとき、本の内容を書くのはもちろん著者です。商業ベースの本を出版社に持ち込んだ場合には、編集は編集者がしてくれます。しかし、自費出版の場合は、この編集作業も著者がやる必要があり、大きな労力が必要になります。
編集は、ただ文章の誤字脱字を校正していくだけではありません。全体として本の構成ができているか、文章の意味合いがおかしい箇所がないかなど、見るべきところは数多くあります。編集者に編集を依頼する利点は、自分以外の人間の視点が追加されることにより、読者が本の内容をどう捉えるか、判断が容易になることです。自分で、この第三者視点で本を見ることは難しく、多大な労力が必要になります。
自費出版の場合、販売に関係することに関しても、自分で行う必要があります。編集に関しても、売れ行きには大きな影響を与えるため、自分以外の人間に依頼する方が効率的です、編集の労力は非常に大きいですが、知人などに自費出版した本を読んでもらうことで、編集者の代わりになり、編集が容易になります。