自分の本を出版しよう!

自費出版の相場とは

自費出版の相場とは 自費出版にも執筆・編集・印刷・販売の全てを自分で行ってしまう人出版と、書店の企画に参加することで出版する企画出版、そして初版にかかる全ての費用を著者に出してもらうことで出版する協力出版という方法があります。
このことから、出版の仕方によって相場は大きく異なります。
協力出版の場合、A5判、200ページの本を1000部作ると仮定した金額は200万円程度の費用が必要になるでしょう。
もし書店に流通させず、個人出版を希望した場合には、B6版、100ページ、100部と仮定して30~50万円が自費出版に必要になってくる費用です。
部数を増やした場合には、更に40万~60万円程度の費用が必要になってきます。
本を出版する際に発生する費用はページの増減は費用に大きく関係しています。
反対に部数を減らしても金額は余り左右されません。多色刷りや文章をライターなどのプロによって手直ししてもらう場合には、価格が大きく変動します。

自費出版をするときに見ておいた方がいい予算相場

自費出版をするときに見ておいた方がいい予算相場 自費出版をしようとする際、本の編集内容や製本を依頼する業者によってもさまざまですので一概には言えませんが、原稿を全部自分でつくり、掲載する絵や写真なども自分で用意したとする場合は、だいたい200万円程の予算がひとつの基準になります。
また書店などでは販売しないという前提で、リライティングもなしの個人出版なら100ページくらいを100部でだいたい40万円前後、さらに300部なら50万円前後といった予算が必要になります。
自費出版の費用をみるときに考えなければいけない大きな要素はやはり、ページ数です。
そのほかには表紙などデザインに凝って多色刷りを依頼したり、ライターに手直しを依頼するなどした場合にはかかる費用は高めになります。
とはいえ最初にも述べたように、製本を依頼する業者などによっても費用は大きく変わっていきますので、これらの予算金額に対し5割くらいの増減はありえます。
ですので、自分に合った業者をいろいろと探してみるといいでしょう。